湯ノ岐川 舘岩川 C&R 2020/9/22(火)

最後の悪あがきに釣行先を思案し、2日連続の釣行ということで南会津へと決定した。何時のように後部シートの片側を倒し、マットにシェラフに温泉用具の車中泊スタイルだ。その時は去年釣っても釣っても湧き出てくるようなイワナの檜枝岐川の様子が脳裏をよぎった。また檜枝岐川にはC&Rもあり、駆け込み寺的な存在が安心感と思えたのだろう。行くまでは・・・・。
 巷の連休最終日、禁漁日を目の前にこの舘岩川水系でも釣り人は多い。まずは湯ノ岐川上流部を目指した。なるほどなかなかの渓相で、魚がいれば非常に気分は高まるところだ。大きな巻き返しで、浮遊する枝の蓄積物の前でライズするイワナを見たのが、ここでの最初で最後の魚との出会いだった。もちろん釣れていない。


 13:40C&Rに移動した。この時期魚がいるか心配ではあったが・・・。8ft1inのロッドに使うことのなかった#14クモのパラシュートフライ。同サイズのテレストリアルと比較しても、軽くてシルエットが大きく感じ使い勝手のいいフライかもしれない。14:00渓に降りてすぐ反応はあった。全てヤマメが好きそうな流速ではあったが、護岸の際での反応もあった。これまでこの場所で幾度となく流し続けた場所ではあったが、やっとこの時期になって反応があった。
 その後はどんどん反応が薄れ、サイズも小さくなっていった。途中右岸上流で農作業をしていた方が、河原に降りてきた。誰もが同じことを言うと思うのだが「釣れたかい?」といった。ただいつもの自分の受ける同じ印象とは少し違っていた。小柄でやせ型な姿で、笑った顔が亡くなった父のような感じがした。初彼岸 秋分の日:中日での出来事だった。偶然ではあるがその出会いの直後から次の日の9時ごろまでデジカメは停止し、その後何事もなく復帰していた。