舘岩川C&R

2020.6/27

 早く寝て早く起きられたなら、行く場所は変わっていたかもしれない。夏になると日差しを避けるため、いつもは考えてもみないことを考えることがあり、寝つきの悪い自分にとって、現実的ではない課題を自らに課すことがある。それが今日であったが、見事に課題未達ということになった。もちろんこれは、自分自身だけの釣りであれば、どちらかというとどうでもいいのだが、前週に引き続き、息子という連れがいるということもあり、「簡単に釣れる場所」という別な無謀な課題もある。ただ、やっとの思いで自宅を6:13発、南会津へ車を走らせた。
 天気予報は一日中曇りであったが、実際は晴れている状態がほとんど、なお水量も変わらず減水状態のままである為、非常に厳しい状況であった。崩れた道路の下のコンクリートの護岸を、ブロックの形状に合わせて斜めにゆっくり降りた。上流側で既に川に降りた息子は、釣りを始めていた。彼にとっては初めての釣り場である。こういった状況下では、少しでも水深のある小さなスポットにフライを入れられるかがポイントになることが多い。

 まさに小さな堰堤、ひときわ滝の部分が長め(とは言ってもほんの水面から50cm程度だが)で、直下の白泡でない部分の小さなスポットに フライを投げ入れると、ヤマメが浮上してフッキング。消波ブロックと護岸の間にできた流れに乗せ、ネットイン。息子は「自分もそこを流した」と言わんばかりに、こちらを見ている。

 上流は消波ブロックのようなテトラポットが一面に敷き詰められていて、その大げさにも見える水流への抵抗は、結果一部の流れ出しは「ちょろちょろ」いった感じだ。それでも、流れが生きているこの部分には、多くの魚がいつもストックされていて、楽しませてくれる。テトラから染み出したような流れと真横からの強い流れにがぶつかった部分にフライを置くと、ゆっくりとヤマメは浮上し#16のパラシュートフライを食った。


 さらに上流に行くと、いわゆる魚道付き堰堤の下で、魚道下の川の中央部には水はないのだが、右岸側に流れは傾いている。その大石の脇をすり抜け、右岸側にぶつかる流れに、ヤマメが定位しているのが見えた。真横からのキャスティングで、風が下流側から強く吹いていたため、理想的なティペットの形ではあったが、ロッドをあおってフッキングさせようとすると、ヤマメの口からフライが出てしまった。同じことを5回やった時、「これは変だぞ」と感じフックの折れをも疑った。もちろんそんなことはなく、またキャストを続けた。しかし、結果9回同じことが起き、やっと10回目で同じ魚がフライにしっかり針がかりした。同じヤマメが10回も出ること自体が奇跡?

◇2020/6/27(土)
 晴れ
 28℃
◇減水(平水なのか)
◇ヤマメ
 7尾 
 23cm
 9:02~12:10